決済代行業者に依頼すれば仕事がスムーズになる

男の人と女の人
  1. ホーム
  2. 効率的な販促システム

効率的な販促システム

会社員

情報をフルに活用

ビジネスにインターネットを利用することは、いまや中小企業や個人商店でも常識になりつつあります。しかしネットを使って収集した膨大なデータは、効果的に活用してこそ意味があります。マーケティングオートメーションはビッグデータの分析を販売促進に役立てる有力なツールになります。マーケティングオートメーションの活用でよく見られるのは、通販サイトで過去の購入履歴や検索履歴から、おすすめの商品を自動的に掲示するという事例です。同じ商品をリピートしたり、一度購入を検討した商品を再検討したりするユーザーは多く、その手間を省くことで、利便性の向上と売上アップに結びつけることができます。またPCとスマホで別々のサイトを持っている場合、ユーザーが別々にアクセスしていると、情報の統一性が取れなくなる恐れがあります。マーケティングオートメーションにより情報を統合することで、多様なユーザー情報や顧客情報を一元的に管理できるようになったという事例があります。さらにネット上の情報と、営業マンが対面営業で獲得した情報をリンクさせている事例もあります。両者を連携させることで、顧客のニーズに素早く対応することができ、満足度の向上や機会損失の阻止につなげることが可能です。マーケティングオートメーションは闇雲に導入すれば良いわけではありません。取り扱う情報量や使用目的に応じたツールを選んでいることが、成功事例に共通した特徴といえます。